今日、貴重な時間割いてまで書くこの記事は

非常に大切なお話だ。

急いでる以上、相変わらず散文になるだろうが、なるべく書き方も行間を開けたり、改行したりと

馬鹿が見たとしても少しでも理解できるように工夫はしておこうと思う。(別件のバックアップなので当記事はほぼ改行されてない)
時間ある時に推敲する事も考えている。

これはランダムRSS全てに言える事なのだが

トラッキング機能という物は得てして良い機能であり、かなり悪質な機能である。

そしてニュースという物はメディア(媒体)がユーザー(既存のメディアからすれば国民)が興味を持つモノを提示する事が利益に繋がるが

過度な利益追求と比例して、ユーザーの思想がより強固に歪んでいくと言う問題がある。

既存の一般的なメディアは売り込む方向性を一貫させる事で、信者を獲得した。

それらは偏った思想を報道する事が信者以外の視点から理解できてしまう為、大きな問題として発展する事になる。

特にネットで自由にニュースや思想が語られるようになってから、その問題は浮き彫りになった。

私が当ブログでも別ブログでも常日頃言っているのは「俺の意見を信じるな」 「全ての記事は疑って掛かれ」 「対極の情報を調べて比較しろ」 「人の言葉を借りずに自分自身で結論を出せ」だが

そう言ったように聡明な人間ならば、情報の正誤を判断する事で真に正しい情報を自分で作り出せるのである。

が、昨今のトラッキング事情はそうもいかない。

通勤で忙しい中、多くのニュースサイトを引っ張ってきてくれるRSS、スマートニュースを利用したところ、これらのフィルターバブルが想像以上にえげつない事がわかった。

既存のメディアが方向性を一貫して、故に浮き彫りになる問題があれば

これらRSSアプリのトラッキングはこっそりと個々に偏った情報を送り込む悪質なツールにしかなり得ない。

法整備がされていない現状では罪にはならないが、このメンタルテロとも言える行為は明らかに犯罪クラスである。

と言ったところで、事実を目の当たりにしない限り、この問題が如何に重いか?を体感する事は不可能だと思うが、出来るだけ俺の体験を伝えて見たいと思う。

一週間に於いてとある一定のジャンルの記事に着眼した私は、それらの記事をピックアップして保存しておいた。

すると次の一週間の電車内では、様々な情報を見たかったに関わらず、既視感を感じる記事やそれらに関する記事が7割を占めていた。

トラッキング自体が行われているのは理解していたが、余りに必要な情報が欠落されている。

それらに違和感を覚えた私はどこまでトラッキングされているか?を理解する為に色々とテストしてみる事にした。

まずトラッキングと言うのは何処までやっているか。

基本的に外部に情報を飛ばす行為ではなく、アプリ内での履歴保存やAIへのラーニングは警告すらされる事も無い。

規約違反にならない為だ。

ここで恐ろしいのはどういったデータがアプリ内で計算されているかって事。

これはブログやプログラム等に造詣があれば、アナリティクスなどでより鮮明な想像が難くないのだが、一般的には理解しにくい。

・記事のタイトルが画面に表示されてから何秒後に反応したか?

・タグ付けされた記事のクリック頻度は何%か?

・表示した記事の文字数に対して、どれだけ長くその記事を読んでいたか?

等あげればキリがないが、知っているだけでもこういったデータを保存して計算するのがトラッキングである。

故に俺が行うテストも限りなく違和感のない様に、定めた一定の記事を見つけたら即座に反応し、興味がなかったとしてもしっかり最後まで読む事でトラッキングに記憶される事となる。

そうして政治や殺人、セクシャルマイノリティ等の記事などの収集をさせたりした。

事実、トラッキングされただろう記事が大半を占めるようになり、連日同じ(別サイトの)記事を流すのは勿論の事、関連性さえあれば、過去を遡って古い記事や都市伝説の様な記事をも無理矢理引っ張ってくるようになったのだ。

そのタグもどこまで細分化されているか?

そこで先週は児童への性的暴力の記事を収集してみた。

この場合大まかなトラッキングの場合、性暴力の記事が増えるはずなのだが

結果としては小学生~高校生への性暴力事件の記事が大半を占めるようになった。

細かい分類の細分化も為されているのがよくわかるテストである。

これも勿論情報の真偽が全くあてにならないゴシップ記事までが隙間を埋めてきた為、流石に好奇心を超えて吐き気がした為に今記事にした訳だ。

こういったRSSに於けるトラッキング行為は過度な物ほど高評価を得る可能性は少なくないが

政治思想や陰惨な事件が高頻度で行われているという錯覚や、仕事や経済事情、社会に対する過剰な失念、その他等

つまり、同時に人間性を大きく破壊する可能性が高い。

製作者は利益追求でしかない為、使用者への影響など全く知らぬ存ぜぬなのは当然であるだろうが

この類のアプリは個々の選択肢抜きにして「使うな」と俺ははっきり言いたい。

どんな使い方しても凡そ与える悪影響が余りに甚大である。

で、あるならば偏った思想のメディアと対極にある偏った思想のメディアを二つ用意した方が明らかに比較検討できる。

現状の個人の思想に合わせて全振りさせるツールを利用して使用者にとって良い事は何もない。

ひと時の娯楽の為に性格を歪ませる必要性は決してないのだ。

これらRSSの中でもやたらスマートニュースの話は聞くが、何かを間違えてこういう

無知の大罪と呼べる代物が、世の中に浸透していったとしたらば

かなり取り返しの付かない問題になると俺は思う。

これは一つの警告だ。